カテゴリ:イタリア関連( 2 )

イタリアの想い出…しかしよい人ばかりではなく。

イタリアの想い出。に書いてから気付いたのですが…、現地の人と話すとなると、危ない目にあうこともあるのですよね。それも書いておかないとバランスが悪いかと思って。

ローマでの話です。

ローマは、少なくとも当時は、旅行者用の案内所(インフォメーション)が駅になかったのでした。
しかし、西ヨーロッパの大半の観光地ではインフォメーションは駅など旅行者の便のよい場所にあり、ローマではインフォメーションは街なかにある、ということを知らない旅行者を狙って詐欺があるので注意!とガイドブックにありました。

その手口は、おなじみのインフォメーションのマークが印刷されたIDを胸につけた人物が旅行者に声をかけ、ホテルを紹介すると言ってタクシーにのせる、というものです。
このタクシーもホテルもグル。旅行者は法外なタクシー代・ホテル代を払わされることになります。

幸い私と友人は、そんなものは引っかからずにホテルにチェックイン。
しかしその後、駅に行くと、インフォメーションのマークが印刷されたIDを胸につけたおじさんがアジア人に話し掛けているのを見かけたのです。

ちょっと近寄ってみると、イタリア人らしきおじさんは日本語ができるらしく、ふたりで日本語を話しています。で、ホテルだのタクシーだのと話しているのです。
まずい!
このままでは学生風の男の子は詐欺の餌食になってしまう…でも、英語や日本語で話し掛けたら詐欺師にもバレてしまう…
そこで思いついたのが、「ガイジンには理解できないような、スラングばりばりのネイティブ日本語を早口でまくしたてる」作戦。

「こいつ、やべぇよ、こんなん話してんとヤラれちゃうんじゃん、マジ相手にしないほうがいいって。」

すると、学生風の彼は、「はぁ?」という顔をして、

「すみません。僕は韓国人で日本語はあまり上手くありません。もっとゆっくり話してくれますか?」

がーん。作戦失敗。…とボーっとしている間に、おじさんは私にもタクシーがどうとか話し掛けてきて、なんだかこっちまで巻き込まれてきた雰囲気に…
ここで同行の友人がキレる。
「もう、ちょっといい加減にしてよ、お人よしなんだから!ウチらには関係ないでしょ?!もう行かないと電車に遅れるよ!」

…ごめんね。救えなかった韓国人の子。なんとかしてあげたかったんだけど…
いちおう、あのおじさんは詐欺師ではなくて、ボラれたりもせずに済むことをお祈りしてました。
[PR]
by mochablossom | 2004-04-02 14:08 | イタリア関連

イタリアの想い出。

you_feel_so_good さんのコメント見て、思い出しました。

イタリア行くのだそうで。いいなぁイタリア。

よく言われることですが、ホントイタリア人って陽気で、こちらがイタリア語わかろうがわかるまいがお構いなしに話し掛けてきたのを憶えています。

で、なんか出稼ぎで置いてきてるお嬢さんの写真とか見せてもらったりして。
首からIDをぶら下げてシャツの中にしまっていて、そこに家族の写真が入れてあるんです。そうやってた人を旅行中に5,6人は見たなぁ。そんなに治安が悪いのかなって思いました。

ホテルで夜の番をやってたお兄さんは、離婚の経緯だのなんだの話してくれましたが、全然英語が出来ない人で、どうやって会話が成り立ったのか今にして思えば不明です。お兄さんの名前は忘れちゃったけど、アローラ、アローラって年中言っていたので、アローラ君と密かにあだ名をつけてました。アローラは、たぶん「えーっと」、って意味かな、と思っています。

笑えたのはナポリでのこと。丘の上にケーブルカーで上ろうとしたけどどこが乗り場かわからず、地図を広げた途端、わらわらと人が集まってきて、どうしたんだ、大丈夫か…あーだこーだあーだこーだ。ケーブルカーに乗りたい、と言ったら、「いや、火山が爆発して今は乗れない」だのなんだの、そのうちそれが誤解だとわかると、チケット売り場まで大勢で着いてきて、チケットを買うところまでやってくれました…。言葉がわからなくたってチケットぐらい買えるし、そこでおつりごまかされたりしてもイヤだし、ちょっと心配だったんだけど、純粋に親切にしてくれてたんです。

you_feel_so_goodさんも、ぜひイタリアの人たちとおしゃべりの挑戦してきてください :)
[PR]
by mochablossom | 2004-04-01 14:44 | イタリア関連